ホーム最良執行方針

最良執行方針

平成17年4月1日制定
平成19年9月30日改正
平成20年3月31日改正
平成22年6月18日改正

日本証券代行株式会社

この最良執行方針は、金融商品取引法第40条の2第1項の規定に従い、お客様にとって最良の取引の条件で執行するための方針及び方法を定めたものです。当社では、お客様から国内の金融商品取引所市場に上場されている有価証券の注文を受託した際に、お客様から取引の執行に関するご指示がない場合につきましては、以下の方針に従い執行することに努めます。

1. 対象となる有価証券

  1. 国内の金融商品取引所に上場されている株券、新株予約権付社債券、ETF(株価指数連動型投資信託受益証券)、及びREIT(不動産投資信託の投資証券)等、金融商品取引法施行令第16条の6に規定される「上場株券等」といたします。
  2. グリーンシート銘柄及びフェニックス銘柄である株券及び新株予約権付社債券等、金融商品取引法第67条の18第4号に規定される「取扱有価証券」

2. 最良の取引の条件で執行するための方法

当社においては、お客様からいただいた注文に対し当社が自己で直接の相手となる売買は行わず、すべて委託注文として取次ぎます。

  1. 上場株券等
    当社においては、平成22年6月18日現在、注文はお受けしておりません。
  2. 取扱有価証券(グリーンシート銘柄及びフェニックス銘柄)
    当社では、取扱有価証券(グリーンシート銘柄及びフェニックス銘柄)の注文はお受けしておりません。

3. 当該方法を選択する理由

  1. 上場株券等
    当社では平成22年6月18日現在、注文はお受けしておりません。
  2. 取扱有価証券
    当社では、取扱有価証券(グリーンシート銘柄及びフェニックス銘柄)の注文はお受けしておりません。

4. その他

システム障害等により、やむを得ず、最良執行方針に基づいて選択する方法とは異なる方法により執行する場合がございます。その場合でも、その時点で最良の条件で執行するよう努めます。

以上

このページの上部へ

金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第135号  加入協会:日本証券業協会